Ambivertsは本当に気まぐれな性格ですか?

ほとんどの人はおそらく、内向性と外向性の2種類の人間の性格しか知りません。内向性が閉じた性格である場合、外向性は反対であり、それは開かれた性格です。めったに聞かれませんが、内向的な性格と外向的な性格の間には、アンビバートと呼ばれる別のタイプの性格があります。アンビバートとは何ですか?この記事の完全な説明を確認してください。

野心的な性格とは何ですか?

あなたの性格は、あなたがあなたの周りの環境とどのように相互作用し、反応するかを決定することができます。そうすれば、あなたは個人的にも職業的にも快適に感じるでしょう。内向性と外向性の性格タイプは、1900年代にCarl G.Jungというスイスの精神科医によって最初に提案されました。内向的な性格を持っている人は、一人でいる可能性が高く、群衆から離れることを好むと説明されています。内向性の人は一人でいることを好み、彼らに十分近いと考えられている1人か2人だけとたむろします。彼らはしばしば自分自身に時間を必要とします私の時間)混雑した環境にあった後。一方、外向的な性格を持っている人は、多くの人がいる環境にいることを楽しむ人として説明されています。彼らは他の人々と交流する手段として特定のグループイベントに参加するのが好きです。ただし、すべての人が内向性または外向性に分類できるわけではありません。特定の状況に応じて、その行動が内向性または外向性につながる可能性がある人がいるためです。これは、両性格として知られています。 Ambivertは、内向性と外向性が混在する人として説明される性格です。野心的な人は他の人と付き合うのが好きですが、他の時には一人でいるのが好きな場合もあります。

両生類の兆候と特徴

あなたが野心家であることを示すいくつかの行動があります:以下を含みます:

1.聞き上手と話し手

外向的な人々はもっと話すことを好む傾向があります。一方、内向性の人は観察して聞くことを好みます。それで、野心的な性格を持っている人々はどうですか? Ambivertの人々は、聞き上手であり、話し手でもあります。これは、野心家が発言したり意見を述べたり、他の人の意見を聞いたりするのに適切な時期を知っていることを意味します。

2.状況に応じて行動を調整する能力を持っている

前に述べたように、両向性は内向的または外向的な性格につながる可能性のある人々として説明されています。つまり、目の前の人や状況に応じて行動を調整することができます。たとえば、誰かが別の人と一緒にエレベーターに乗っているとき、外向性の人が小さな会話を始めることがあります。ただし、内向性の人は他の人との交流を避ける傾向があります。一方、野心的な人は、自分の欲求に応じて、2つのことのいずれかを行う人である可能性があります。

3.社交を楽しんでいるだけでなく、一人でいることも快適です

内向性や外向性とは異なり、両向性は独特の性格を持っている傾向があります。野心家は外向性のように他の人と付き合うのを好む傾向があります。しかし一方で、彼らは内向的な人のように一人でいることも好きです。 Psychology Todayによると、アンビバートはこれらの両方を楽しんでおり、社交を楽しんでいるだけでなく、一人でいることも楽しんでいます。

4.あなたがベントする場所であるとき共感するのは簡単です

内向性の人は、聞き上手であるために問題に直面している友人のために逃げる場所になる傾向があります。一方、外交官は問題を抱えている友人に解決策を提供するのが早いです。野心的な人々では、問題が発散する場所になると、最初に全体として問題に耳を傾ける傾向があります。全体として問題を聞いた後、アンビバートは質問をし、解決策を考え出そうとします。

5.バランスの取れた性格を持っている

友人のグループでは、コミュニケーションのバランスをとることができるため、野心的な人々が必要です。両性愛者は会話の沈黙を破るのを助け、内向性の人は会話を始めるのをより快適に感じる傾向があります。

6.群衆を楽しんでいますが、受動的である傾向があります

彼が群衆の中にいるとき、両向性は外向性と内向性の組み合わせとして見られます。彼らは内向性のような混雑した状況を嫌う傾向がありますが、外向性のように群衆の中にいるとき、両向性は雰囲気を楽しむことができます。ただし、アンビバートは群衆の中の外向性のように社会的に行動することはありません。両生類は通常静かで、群衆の中の人々を観察する傾向があります。

7.選択が難しい、ウィッシュウォッシュ

外向性の人は、外向性の人が行う活動に満足するだけでなく、内向性の人が自分自身を幸せにする方法にも満足します。これは、特に意思決定に関しては、野心家の生活にかなりの悪影響を及ぼします。野心家は、どの選択が彼にとって楽しいかどうかを判断する際に簡単に混乱します。なぜなら、彼は多くの人に囲まれることなく一人で静かになるのが好きですが、外の世界とその群衆を探索することにも興味があります。

両生類に適した仕事の種類

上記の特徴から、あなたが野心家であるかどうかは確かですか?今では、内向性や外向性に自分を押し付けないことで自分自身を認識し理解することは決して害にはなりません。なぜなら、両向性は独特の性格だからです。それで、両生類のための正しい仕事は何ですか?

1.販売フィールド

野心的な人々に適した仕事の1つのタイプは販売です。営業には説得力のある人が必要ですが、潜在的なクライアントのニーズも考慮する必要があります。 Ambivertの人々は、優れたスピーキングとリスニングのスキルを持っているため、この仕事に適しています。実際、ジャーナルPsychological Scienceに掲載された研究によると、両向性は内向性や外向性よりも営業や営業の仕事に従事する可能性が高いことが示されています。

2.メディア分野

テレビ、ラジオ、オンラインメディア、映画などのメディアの舞台裏で働く人々は、複雑でありながら組織化された仕事をすることに慣れています。この分野の仕事では、さまざまな性格タイプの人々が、プリプロダクションからポストプロダクションまで成功するためにイベントプロジェクトを実行できる必要があります。

3.インテリアデザイン分野

インテリアデザイナーは、営業担当者と同じように、デザインの提案を説得力があるだけでなく、見込み客の要望に耳を傾ける人でもあります。 Ambivertsは、他の同僚との共同作業に時間を費やすことができます。しかし一方で、彼はプレゼンテーション資料を一人で完成させることも求められました。

4.先生

Ambivertの人々は、教師や他の教育者として働くのにも適しています。これは、野心的な人々は、さまざまな背景や性格のさまざまなタイプの学生に対応する際に柔軟な性格を持っているためです。

SehatQからのメモ

Ambivertは、内向性と外向性の中間にある性格です。 Ambivertsは他の人との付き合いを楽しんでいますが、一人で過ごすこともできます。 Ambivertの人々は、さまざまな状況に柔軟に対処する傾向があります。 Ambivertsは、いつ話すか、いつ聞くかを知っています。これらのスキルは、別の社会的相互作用グループで持つことが非常に重要です。それで、あなたは野心的な性格を持っている人の一人ですか?

最近の投稿