簡単に落ちないバランス運動の8つの例

バランストレーニングは体力の要素のひとつであり、バランスを保つだけでなく、協調性や体力を向上させ、自由に安定して動くことができます。転倒のリスクを軽減し、日常の活動をしやすくすることもできます。

効果的なバランス運動

バランスエクササイズは、コアマッスル、腰、脚をかみ合わせることによって行われます。ここにあなたが試すことができるいくつかのバランスの練習があります:

1.片足を前に振ります

このエクササイズを行うときは、足を広げて立っている必要があります。次に、左足で体重を支え、右足をまっすぐ前に振ります。 30秒間押し続けてから、右足をゆっくりと下げます。脚の異なる側で繰り返し、各側でこのエクササイズを5〜10回行います。

2.片足で立つ

まっすぐ立ってから、右太ももを持ち上げて15秒間押し続けます。片足だけに立つように、背骨、首、頭を揃えた姿勢を保ちます。これを数回行い、さまざまな側面で繰り返します。

3.物を頭上に持って歩く

本などの物を頭に乗せることができます。次に、本が落ちないように姿勢とバランスを保ちながら、まっすぐ歩きます。さらにやりがいのあるものにするために、ジグザグに円を描いたり、後方に移動したりすることもできます。

4.まっすぐ歩く

チョークなどのマーカーを使用して、従う線を描きます。まっすぐ立って、腕を横に置きます。次に、右足をまっすぐに踏み、かかとが左足の指に触れるようにします。その逆も同様です。ゆっくりと、まっすぐ前を見てください。少なくとも5〜20歩歩きます。

5.片足を後ろに持ち上げます

足を近づけてまっすぐ立ってください。次に、床の焦点を見て、左足を持ち上げながらゆっくりと体を下げます。体重の大部分を右足にかけます。背骨をまっすぐに保ち、手を床まで伸ばします。数秒間押し続けてから、体を持ち上げて元に戻し、左足をゆっくりと下げます。反対側で繰り返し、各側で少なくとも8回実行します。それをより挑戦的にするために、あなたはダンベルを持っている間にそれをすることができます。

6.上げた太ももの下で手をたたく

まっすぐに立ち、右太ももを持ち上げます。胸を締め、太ももの下で手をたたきながら体を下げます。次に、自分を持ち上げて、頭の上で手をたたきます。脚を下げ、反対側で繰り返します。この運動を少なくとも12回行います。

7.片手で体を持ちます

次のように自分を配置します 体を上げて両手で支えます。腰を安定した位置に保ちます。次に、右手が前後に動く間、左手で体を持ちます。完了したら、右手を床に戻し、反対側で繰り返します。

8.スタビリティボールの使用

ワークアウトに多様性を加えるために、スタビリティボールを使用できます。板をするように、肘と前腕をボールの上に置きます。また、膝とつま先を床に置きます。次に、肩と腰が平行になるように膝を持ち上げます。この位置を3秒間保持し、膝を下げて床に戻します。数回繰り返します。 [[関連記事]]バランス運動は毎日またはいつでも行うことができます。ただし、高齢者は、自分の年齢に安全な動きで週に3回運動することをお勧めします。バランスをとることの利点は、運動中の怪我を防ぐことです。腰痛がある場合は、バランス運動も治癒過程を助けるのに良いです。この演習を行うことは、最初は難しいかもしれません。ただし、もちろん、定期的かつ一貫して実行すれば、それに慣れて簡単に実行できます。あなたが熟練しているとき、あなたは彼らがより楽しくなるように練習を変えることができます。太極拳とヨガもバランスの取れたエクササイズになります。また、このエクササイズは体をリラックスさせる効果がありますが、間違えないようにインストラクターの同伴が必要です。

最近の投稿