ぬるぬるした赤ちゃんの便の8つの原因は、深刻な健康問題の兆候である可能性があります

ぬるぬるした赤ちゃんの便は、赤ちゃんの健康の指標です。通常、赤ちゃんのぬるぬるしたうんちは、下痢、食物アレルギー、感染症、母乳育児が短すぎるなど、成長期を通過するまでの消化器系の問題が原因で発生します。 嚢胞性線維症、脂肪便、赤ちゃんが歯が生えるまで。赤ちゃんの未熟な免疫システムは、赤ちゃんを病気にかかりやすくします。赤ちゃんがぬるぬるした便などの症状を示すとき、両親は確かに心配を感じるでしょう。親をパニックに陥れる可能性のあるものの1つは、赤ちゃんのうんちがぬるぬるしているときです。それで、ぬるぬるした赤ちゃんの便の原因は何ですか?これは完全なレビューです。

ぬるぬるした赤ちゃんの排便の原因

赤ちゃんの便は、彼らが消費する食物がほとんど液体であるため、子供や大人と同じではありません。これにより、赤ちゃんのうんちがぬるぬるしている場合を含め、親が赤ちゃんの排便が正常であるかどうかを知ることが困難になることがあります。時には、赤ちゃんの排便に粘液が存在することは正常であり、心配する必要はありません。腸は自然に粘液を分泌し、糞便が腸を簡単に通過できるようにします。粘液も線、ロープ、またはゼリーのように見えます。通常、この状態は、母乳だけで育てられている乳児によく見られます。 [[関連記事]]ただし、一方で、感染症や特定の医学的問題により、ぬるぬるした赤ちゃんの便も発生する可能性があります。あなたの子供がぬるぬるした章を経験する原因となる可能性のあるいくつかの条件は次のとおりです。

1.下痢

下痢のために赤ちゃんの排便はぬるぬるします。下痢のある赤ちゃんは、水様性の粘液を含む便を排泄する可能性があります。赤ちゃんの下痢の兆候。これは、より頻繁な排便、騒ぎと泣き声、そして緊張した体です。下痢はまた、水分が失われるために赤ちゃんが脱水状態になる可能性があるため、すぐに対処する必要があります。

2.歯が生える

歯が生えると、赤ちゃんの排便がぬるぬるになるまで唾液を飲み込みます。歯が生えると、赤ちゃんがうるさくなるだけでなく、ぬるぬるした排便を経験することもあります。唾液の過剰産生と歯が生えることによる痛みにより、赤ちゃんは唾液を大量に飲み込む可能性があります。これは腸を刺激する可能性があります。発生する刺激は、腸内の粘液の生成を増加させ、便をぬるぬるさせる可能性があります。

3.食物アレルギー

赤ちゃんの食物アレルギーの後には、ぬるぬるした赤ちゃんの便の症状も続きます。食物アレルギーは、赤ちゃんに炎症を起こさせる可能性があります。炎症が起こると、腸の粘液が増加し、赤ちゃんのうんちがぬるぬるになります。赤ちゃんのぬるぬるした便に加えて、赤ちゃんの食物アレルギーの他の兆候は、騒ぎ、嘔吐、および便中の血の存在です。アレルギーが赤ちゃんの粘液の主な原因である場合、医師は母乳育児中の母親のために摂取する食品、つまり母乳育児中の母親の食事からいくつかの食品を選択することを勧めることがあります。赤ちゃんが粉ミルクを与えられている場合、医師は粉ミルクのブランドを変更するよう提案することがあります。

4.母乳育児の期間が短すぎる

前乳が多すぎると、赤ちゃんの便がぬるぬるになります。授乳の変化は、赤ちゃんの便の質感に影響を与える可能性があります。より多くを得る赤ちゃん 初乳 (与え始めたミルク)より 後乳 (授乳終了時の母乳)は、ぬるぬるした便を経験する可能性が高くなります。これは、赤ちゃんが短時間しか乳を飲まないために発生する可能性があります。 【【関連記事】】

5.感染症

消化管の感染症は、ぬるぬるした赤ちゃんの便を引き起こすリスクがあります。細菌やウイルスの感染症は、腸を刺激し、炎症を引き起こす可能性があります。これにより、腸が大量の粘液を分泌し、赤ちゃんのうんちがぬるぬるになります。発熱と騒ぎは、感染を示す他の症状です。刺激がひどい場合、感染症は赤ちゃんの便の色を緑色でぬるぬるにし、続いて血液を作る可能性もあります。一方、細菌感染を経験すると、赤ちゃんの排便はしばしば血まみれでぬるぬるします。チェックしないでおくと、この状態は非常に危険です。

6.腸重積症

腸重積症は、赤ちゃんの腸が互いに擦れ合うときに発生する深刻な病状です。これにより、腸への血流が失われ、便が詰まる可能性があります。その結果、排便するとき、赤ちゃんはブロックされた領域の下に暗赤色のゼリーのような粘液を分泌するだけです。発生する可能性のあるこの病気の他の症状、すなわち腹痛、嘔吐、倦怠感、または非常に眠い。

7. 嚢胞性線維症

粘液が厚く、粘液が多く、粘液が過剰になると、赤ちゃんの粘液がうんちを起こします。まれな病気が原因で、赤ちゃんの粘液の量が増えることがあります。 嚢胞性線維症 。これは、特に肺、肝臓、腸、膵臓で、体内の粘液が粘り気を帯びて厚くなる病気です。この先天性疾患は、赤ちゃんの排便に粘液を引き起こし、発育阻害を引き起こす可能性があります。

8.脂肪便

脂肪便はまた、赤ちゃんのうんちをぬるぬるにして種を持っています。脂肪便のある乳児では、赤ちゃんの腸の動きがぬるぬるするだけでなく、赤ちゃんのうんちもぬるぬるして種があります。国立バイオテクノロジー情報センターが発表した調査結果によると、種子や穀物を含む赤ちゃんの糞は、消費された脂肪含有量を体が吸収できないことによって引き起こされます(吸収不良)。脂肪は、赤ちゃんのうんちの食感をぬるぬるにし、種子のようにするものです。インドネシア小児科医協会(IDAI)によると、粘液や脂肪などの黄色い粘液を含む穀物が赤ちゃんの便にも見られることがあります。

ぬるぬるした赤ちゃんの排便に対処する方法

赤ちゃんの排便がぬるぬるしていて発熱が続く場合は注意してください。赤ちゃんの排便がほんの少しの粘液である場合、これは通常深刻なことではありません。粘液がなくなったかどうかを待つことができます。ただし、それでも警戒する必要があります。次の条件がある場合は、小児科医に赤ちゃんを確認する必要があります。
  • 赤ちゃんの排便には粘液がたくさんあります。
  • 発熱や痛みなど、他の症状もあります。
  • 早産または生後3ヶ月未満。
  • 彼の免疫システムは、特定の病気や薬のために弱いです。
  • 血便があります。
  • 淡いスツール。
  • まれな排尿、唇の荒れ、目が沈むなど、脱水症状の兆候を示します。
  • 食欲がない、またはまったく食べていないため、赤ちゃんの体重に影響します
ぬるぬるした赤ちゃんのうんちに対処するには、最初にそれを引き起こす原因を見つける必要があります。次に、引き起こされた苦情に応じて、ぬるぬるした赤ちゃんの便を克服するために応急処置を行います。苦情が下痢を伴う感染症によって引き起こされている場合は、赤ちゃんが脱水状態にならないように十分な水分を摂取していることを確認する必要があります。また、症状が悪化した場合は、すぐに赤ちゃんを医師の診察を受けてください。 【【関連記事】】

SehatQからのメモ

ぬるぬるしたベビースツールは、赤ちゃんの健康状態の指標として使用できます。実際、腸は粘液を生成し、糞便が消化管から簡単に通過できるようにします。しかし、ぬるぬるした赤ちゃんのうんちは、感染症、消化管の病気、成長期などのいくつかの問題を経験している赤ちゃんである場合があります。すぐに治療しないと、この状態が赤ちゃんを危険にさらす恐れがあるため、赤ちゃんがすぐに適切な治療を受けるようにしてください。特定の病気の症状を伴うぬるぬるした赤ちゃんのうんちを見つけた場合は、すぐに小児科医に連絡してください SehatQ家族健康アプリでチャット さらに治療を受けるために最寄りの医療施設に持っていきます。赤ちゃんや授乳中の母親が必要とするものを手に入れたい場合は、次のWebサイトにアクセスしてください。 ヘルシーShopQ 魅力的なオファーを取得します。 今すぐアプリをダウンロード グーグルプレイとアップルストアで。

最近の投稿