もう好奇心がない、簡単な方法で注入ドロップを数える方法は次のとおりです

患者のニーズに応じて必要な注入滴を計算する方法を知ることは、迅速に回復するために患者に与えなければならない薬の種類と用量を理解することと同じくらい重要です。このタスクは通常、あなたの状態を監視する医療関係者によって実行されます。しかし、患者としても、簡単な計算でこれらの基本的なテクニックを学ぶことは決して痛いことではありません。

この準備でドリップドリップを数える方法を学ぶ

この点滴の点滴を数える方法を学ぶには、バイアルから薬や液体を分配するための針や注射器などの基本的な機器を準備する必要があります。それ以外、 流す また、薬剤を点滴チューブまたは液体バッグに押し込む必要があります。ドロップファクターとしても知られる静脈内輸液の投与には、マクロセットとミクロセットの2つの方法があります。
  • マクロセット:

    1 mLの点滴液を与えるために、点滴の過程で、看護師はより大きな直径の点滴穴を開けます。これにより、出てくる滴の数も少なくなり、わずか10〜20滴になります。

  • マイクロセット:

    1mlの点滴液を与えるために、点滴穴はわずかに開かれるだけなので、出てくる滴の数もより多く、すなわち45〜60滴です。

マクロセットまたはミクロセットの決定は、医師の指示に従って好みやニーズに依存します。ただし、通常使用される基準は、体内に入れなければならない水分の種類によって異なります。液体が透明で水っぽい場合、看護師は20滴/ 1mLの注入を注入することがあります。一方、IVが血液のように厚い場合は、15滴/ 1mLになる可能性があります。 【【関連記事】】

ドリップドリップのカウント方法

患者はまた、点滴を数える方法を学ぶことができます。自動機で点滴をする場合、看護師はあなたの体に入る必要のある液体の量と、それを体内に入れるのにかかる時間を入力するだけで済みます。一方、輸液を手動で入力する場合、輸液滴の計算方法は、1分あたりの滴数(TPM)を知ることによって行われます。 TPM自体の計算式は次のとおりです。

(ドロップファクターx液量)/(60 x投与時間(時間)) ドリップファクターは、医療関係者が知る必要のある注入ドロップを計算する際の重要な要素の1つです。上記のように、看護師はマクロセットまたはマイクロセットを選択できます。たとえば、医師は、ドロップファクターを20に設定した状態で、8時間以内に500 mLの静脈内輸液を受け取るように患者に指示します。このデータを使用して、患者に投与する必要のある輸液ドロップを計算する方法は次のとおりです。 x 20)/(60 x 8)= 20.83これは、IVバッグ内の液体がなくなり、新しいものと交換される前に、1分で約20〜21滴のIV液体が得られることを意味します。

点滴液の種類を知る

患者さんによく使われる点滴には4種類あります。点滴のカウント方法を知った後は、点滴自体の種類を認識することも重要です。輸液自体の種類は、その用途に応じて、維持液、補液、特殊液、栄養液の4つのグループに分けられます。

1.メンテナンス液

この静脈内輸液は通常、電解質の必要性を満たすことができないが、まだ危機的または慢性的な段階にない患者に与えられます。この水分投与の目的は、無感覚な損失(500〜1000 mL)に対応し、正常な体の状態を維持し、老廃物(500〜1500 mL)の腎排泄を可能にするのに十分な水分と電解質を提供することです。使用できる輸液の種類は、0.9%NaCl、5%ブドウ糖、ブドウ糖食塩水、およびリンガーの乳酸または酢酸です。この輸液を与えることは、依然として医師または有能な医療従事者の推奨が必要です。

2.補液

この静脈内輸液は、電解質の不足や内部の輸液の再分配に問題がある患者に投与されます。

これらの液体は通常、消化管の問題(回腸瘻、瘻、経鼻胃ドレナージ、および外科的ドレナージ)または尿路の問題(急性腎不全からの回復中など)のある患者に必要です。

3.特殊な液体

特殊な液体とは、7.5%重曹やグルコン酸カルシウムなどの晶質液を意味します。この静脈内輸液を与える目的は、体内で発生する電解質バランス障害を緩和することです。

4.栄養液

患者さんが食べたくない、食べられない、または口から食べられない場合、栄養素を含むこの静脈内輸液が体内に導入されます。この栄養液は、患者が以下を持っている場合に与えられます:
  • 食物の吸収障害 腸管瘻、腸閉鎖症、感染性大腸炎、または小腸閉塞など
  • 腸を休ませる必要がある状態 重度の膵炎の場合と同様に、重度の栄養失調、腸間膜動脈狭窄、および再発性下痢を伴う術前の状態。
  • 腸の運動障害、 長期の腸閉塞、偽性閉塞、および強皮症のように。
  • 摂食障害、 持続性の嘔吐、血行力学的障害、および妊娠悪阻。
液体の種類に関係なく、注入滴の計算方法は同じであり、1分あたりの滴数(TPM)の式を使用します。

最近の投稿