皮膚の赤い斑点はかゆみではありませんか?ここに10の原因があります

かゆみのない皮膚の赤い斑点は確かに不快であり、外観を妨げる可能性があります。かゆみを抑えたくないのに、かゆみのない赤い斑点が痛み、角質除去、発熱などの症状を伴うことがあるからです。この状態を引き起こす可能性のあるさまざまなことがあります。ほとんどは軽度で重度ではありません。しかし、一部の人々にとって、皮膚のこれらの赤い、かゆみのない斑点は、深刻で危険な状態を示している可能性があります。そのため、直ちに医師の診察を受ける必要があります。

赤い斑点の体がかゆくならないのはなぜですか?

いくつかの特定の病気や状態は、かゆみのない皮膚の赤い斑点の出現を引き起こす可能性があります。例えば:

1.あざ

かゆみのない赤い斑点の形のあざが一般的です。かゆみのない皮膚の赤い斑点の原因の1つは、あざの存在です。特に新生児のかゆみのない皮膚の赤い斑点は、あざが原因である可能性があります。皮膚のこのタイプの赤い斑点は通常、顔、首、背中に現れます。これらのあざは、実際には毛細血管と呼ばれる小さな血管の集まりです。通常、赤ちゃんが幼児の年齢に入ると、皮膚のこのかゆみのない赤い斑点は自然に消えることがあります。

2.タイプ

かゆみのない皮膚の赤い斑点の次の原因はチフスです。多くの人は知りませんが、腸チフスは皮膚に赤い斑点を引き起こすこともありますが、かゆみはありません。腸チフスによる皮膚のかゆみのない赤い斑点の特徴は、それらの外観の領域、すなわち首と胃の皮膚です。腸チフスが原因で現れる赤い斑点が本当の場合は、発熱、腹痛、下痢や便秘などの他の症状も経験します。

3.はしか

はしかはまた、かゆみのない皮膚の赤い斑点の出現を引き起こす可能性があります。かゆみではなく皮膚の赤い斑点は、発熱、咳、水っぽい赤い目、脱力感を伴うこともよくあります。一見、インフルエンザの症状のようです。はしかは通常、ウイルスにさらされてから14日後に現れるため、赤い斑点は皮膚にかゆみを生じません。症状は、耳の後ろの皮膚領域、皮膚の赤い斑点から始まり、首、顔、および体の残りの部分に広がります。このウイルスは伝染性が高いですが、予防接種によって防ぐことができます。

4.風疹

風疹の症状の1つである、かゆみのない皮膚の赤い斑点次のかゆみのない皮膚の赤い斑点は風疹です。風疹またはドイツのはしかは、同じ名前によって引き起こされる病気です。この病気は子供と大人に現れるときは危険ではありません。ただし、妊娠中の女性に発生した場合、このウイルスは胎児に害を及ぼす可能性があります。通常のはしかと同じように、風疹も皮膚に赤い斑点の出現を引き起こしますが、かゆみはありません。さらに、微熱、頭痛、赤目、咳、鼻水、リンパ節の腫れなど、現れる可能性のあるその他の症状。

5. 手足口病

手足口病 またはシンガポールインフルエンザはコクサッキーウイルスによって引き起こされる病気であり、しばしば子供に影響を及ぼします。名前が示すように、この病気による皮膚のかゆみのない赤い斑点は、通常、手と足の手のひらに現れます。かゆみではなく皮膚の赤い斑点は、通常、食欲の低下と口腔カンジダ症を伴います。

6.川崎病

川崎病は、かゆみのない皮膚の赤い斑点の原因でもあります。川崎病は、全身の中型血管壁の腫れや炎症によって引き起こされる病気の一種です。この炎症は、心筋に血液を供給する冠状動脈をより頻繁に攻撃します。川崎病は主に子供に発症し、性器や全身のかゆみではなく赤い斑点など、さまざまな症状を引き起こす可能性があります。その他の症状には、39°Cを超える高熱が最大3日間続く、赤くてべたつく目、ドライアイ、赤く腫れた舌などがあります。高度な状態では、皮膚も剥がれているように見え、腹痛や関節痛が現れます。

7.発熱 スカーレット

猩紅熱の細菌感染は、かゆみを伴う発熱ではなく、皮膚に赤い斑点を引き起こす可能性があります スカーレット バクテリアによる毒素の放出によって生じる病気です 化膿レンサ球菌 。このタイプの細菌はまた、喉の痛みを引き起こすことがよくあります。熱 スカーレット 皮膚に赤い斑点を引き起こす可能性がありますが、かゆみはありません。発熱による皮膚の赤い斑点がかゆくなりません スカーレット 通常、日焼けのように見え、肌が荒れます。発熱や喉の痛みもこの病気に冒された人々に現れます。

8.単核球症

単核球症は唾液を介して伝染するウイルス感染症です。感染した人にキスをしたり、食器を共有したりすると、病気が広がる可能性があります。かゆみではなく、皮膚に赤い斑点が現れることが症状の1つです。かゆみのない皮膚の赤い斑点に加えて、単核球症に感染したときにも感じられる他の症状には、発熱、体の痛み、首や脇の下のリンパ節の腫れ、喉の痛みなどがあります。

9.痛風

血中の尿酸値が高い場合、皮膚に赤い斑点がありますが、かゆみはありません。痛風は血流に結晶を形成させ、関節の腫れを引き起こす可能性があります。

10.急性HIV感染

かゆみのない皮膚の赤い斑点は、急性HIV感染を示している可能性があります。初期のHIV感染では、ウイルスの量は通常非常に多く、体の免疫系はまだウイルスと戦う方法を知りません。この状態は赤い斑点の出現を引き起こす可能性がありますが、人の体全体にかゆみはありません。皮膚のこれらの赤い、かゆみのない斑点は、一般的に腰から上に見られます。その間、一部の人々では小さな隆起が現れるでしょう。インドネシア保健省によると、HIVが原因で現れるかゆみではなく皮膚の赤い斑点は、通常、長引く発熱、明らかな理由のない継続的な下痢、咳、息切れなどの他の症状も伴います。減量するために、継続的に月。 また読む: かゆみを伴う皮膚の赤い斑点、何が原因ですか?

皮膚の赤い斑点がかゆみを起こして医師の診察を受けないようにする必要があるのはいつですか?

皮膚の赤い斑点のいくつかの症状は、かゆみではなく、医学的な緊急事態である可能性があります。特に、以下の症状のいくつかを伴う場合。
  • この領域は赤い斑点ですが、多くの痛みを伴うかゆみはありません。
  • 喉がかゆくてきつく感じます。
  • 息が苦しい。
  • 腫れは顔や体の他の部分に現れます。
  • 38°C以上の発熱。
  • 頭痛。
  • 頭と首がとても痛いです。
  • 吐き気、嘔吐、下痢。
  • 関節痛。
上記の症状は、生命を脅かす可能性のある深刻な健康問題を示している可能性があります。したがって、すぐに最寄りの医療施設に行く必要があります。このようにして、医師は原因を診断し、適切な治療のための推奨事項を提供することができます。 [[関連記事]]皮膚のかゆみのない赤い斑点についてさらに議論するには、試してみてください 医師に相談する SehatQファミリーヘルスアプリケーションを介して。トリック、あなたがそれを経由してダウンロードしたことを確認してください AppStoreとGooglePlay .

最近の投稿