これは、肝臓が機能するために生成する物質の種類です

肝臓は毒素をろ過するだけでなく、脂肪の分布を分解したり調節したりするなど、体にとってさまざまな重要な機能を持っています。これらの機能はすべて、胆汁、アルブミン、コレステロールなどの肝臓によって生成される物質のために機能することができます。

肝臓で生成される物質についての詳細

肝臓で生成される物質は、この器官の機能を調節するために重要です。以下は、この器官がその機能を適切に実行できるようにするために肝臓で生成される物質の一部です。

1.胆汁

胆汁は、特に消化管で処理できる脂肪酸に体内に入る脂肪を分解するという点で、消化過程を形成するために肝臓によって生成される物質です。 1日あたり、肝臓は約500〜600mlの胆汁を生成する可能性があります。胆汁は肝臓で作られますが、肝臓の底にある小さな器官である胆嚢に蓄えられます。この液体は、塩、水、コレステロール、ビリルビンなどのさまざまな成分で構成されています。食べ物であれ飲み物であれ、何かを食べると、十二指腸に入る摂取物、別名十二指腸が特定のホルモンと神経を活性化し、胆嚢が収縮します。この収縮のために、胆汁は消化管に入り、食物、胃酸、膵臓からの消化液と混ざり合う可能性があります。すべての物質のこの混合物は、腸での栄養素の吸収を助け、体が必要とする栄養素が血液に入ることができるようにします。胆汁はまた、損傷した赤血球からのヘモグロビンや過剰なコレステロールなどの消化老廃物を取り除く働きもします。

2.アルブミン

肝臓もアルブミンを生成することができます。アルブミンは、ホルモン、医薬品、脂肪酸をビタミンや酵素に全身に分配する役割を果たす血液中のタンパク質の一種です。この物質は、血液中の体液が他の組織に漏れるのを防ぐ働きもします。血中のアルブミンレベルが正常より低い場合は、肝臓または腎臓の機能障害を示しています。一方、レベルが通常よりも高い場合、体内の兆候は脱水症または重度の下痢です。 また読む:人間の心臓の解剖学エイリアス構造を完全に分析する

3.コレステロール

体内の総コレステロール値のうち、食物由来は約20%に過ぎないことをご存知ですか?体内のコレステロール値の残りの80%は、実際には肝臓と腸によって生成されます。コレステロールは必ずしも体に有害であるとは限りません。十分かつ制御された量で、この物質は実際に体がそのさまざまな機能を実行するのを助けます。体内では、コレステロールはテストステロンやエストロゲンなどのホルモンの生成、ビタミンDの生成、および脂肪溶解プロセスに不可欠な胆汁酸の生成に役割を果たします。

4.尿素

肝臓は、アルブミンに加えて、アンモニアと呼ばれるアミノ酸タンパク質も生成します。これは、体内で量が多すぎると有毒になる可能性があります。害を避けるために、肝臓は有毒なアンモニアを尿素と呼ばれる物質に変換します。尿素を生成した後、肝臓はその物質を血中に放出し、腎臓に到達できるようにします。腎臓では、尿素はそのように処理され、尿を通して体から排泄されます。 また読む:人体解剖学の詳細

その他の肝機能

合計すると、肝臓は実際に体内の約500の重要な機能に関与しています。体に役立つ物質を生成することに加えて、ここに健康に重要ないくつかの肝機能があります。
  • 過剰なブドウ糖(砂糖)をグリコーゲンに変換し、エネルギーの蓄えとして貯蔵します。肝臓はまた、体内の糖度のバランスを維持します
  • 血中のアミノ酸のバランスを調節します
  • ヘモグロビンに含まれる鉄を他の目的のために保存できるように処理する
  • 体に有害な薬物や毒素の血液をきれいにします。
  • 血液凝固過程で役割を果たす
  • ビタミンやミネラルの貯蔵庫として機能します
  • 血流からバクテリアを取り除き、感染と戦うのを助けます
  • 黄疸を引き起こす可能性があるため、血液から過剰なレベルのビリルビンを取り除きます
【【関連記事】】肝臓は、体のさまざまな機能にとって非常に重要な器官です。だから、あなたは適切な健康を維持する必要があります。最も簡単なステップは、健康的なライフスタイルを送ることです。栄養価の高い食事をとり、定期的に運動し、過度の飲酒を避けることで、肝疾患を発症するリスクを減らすことができます。肝臓の健康とそれを攻撃する病気についてもっと知りたい場合は、 直接医師に相談してください SehatQ家族の健康アプリで。今すぐAppStoreとGooglePlayからダウンロードしてください。

最近の投稿