ミスVを自然に閉じる7つの方法

ミスVをより噛むための自然な方法には、ケーゲル体操、骨盤筋運動、リンゴやアボカドなどの果物を含む健康食品の摂取が含まれます。膣の緊張という用語は医学的に適切ではありませんが、上記のことはあなたとあなたのパートナーとのセックスの感覚を高めるのに役立つと信じられています。

ミスVを自然に閉じる方法

ミスvを自然に閉じる方法がセックス中の快感を増すことができるというのは本当ですか?答えはイエスかもしれません、それはノーかもしれません。その理由は、体調や膣の健康に加えて、これらの感情は心理的側面を含む多くの要因の影響を受ける可能性があるためです。しかしもちろん、ミスVをもっと噛ませる自然な方法を試したいのであれば、何も問題はありません。なぜなら、以下の手順は、膣がより健康になるのにも役立ちます。 膣を自然に引き締める1つの方法は、ケーゲル体操を行うことです。

1.ケーゲル体操

ケーゲル体操は、膣領域の筋肉を含む骨盤底の筋肉を直腸まで引き締めるのに役立ちます。これがその方法です。
  • 適切な筋肉を見つけます。トリックは、排尿するとき、途中で止めようとします。尿が出なくなることができれば、あなたは正しい筋肉を見つけました。
  • まっすぐに横になります。
  • 尿を保持するために使用するのと同じ筋肉を締めます。 5秒間押し続けてから、さらに5秒間リラックスします。
  • 上記の手順を少なくとも5回繰り返します。
骨盤底の強度が向上するにつれて、運動の時間を1セットあたり10秒に増やすことができます。最良の結果を得るには、1日に5〜10回ケーゲル体操を3セット行います。

2.骨盤運動

膣の筋肉を鍛えるために、以下の骨盤運動を行うこともできます。
  • 肩とお尻が壁に触れた状態でまっすぐ立ってください。
  • 膝がリラックスしていることを確認してください。
  • おへそを背骨に向かって引きます。その間、背中が壁にしっかりと固定されていることを確認してください。
  • これを4秒間行ってから、離します。
  • セットごとに1日5回最大10回繰り返します。

3.緑の野菜を食べる

ほうれん草やケールなどの緑の葉野菜には、膣領域の筋肉を含む筋肉にとって非常に健康的なビタミンE、マグネシウム、カルシウムが含まれています。緑の野菜を定期的に食べることは、膣への血流を増やすだけでなく、膣の乾燥を克服するのにも役立ちます。このステップは、セックス中の女性の喜びを高めるのに役立ちます。

4.アボカドを食べる

多くの人は知りませんが、この1つの果物は、膣を引き締める自然な方法でもあります。これらの利点は、健康的な脂肪、ビタミンB-6、カリウムなどのさまざまなコンテンツから得ることができます。これらの栄養素は、十分な量で摂取された場合、膣内の水分の生成と体内のホルモンエストロゲンのレベルを増加させることにより、覚醒または性欲を高めるのに役立ちます。さらに、アボカドは膣壁を強化し、IVFプログラムが成功する可能性を高めることさえできます。 また読む:IVF手順に関する情報 リンゴを食べることは、膣を引き締めるのを助けることができると考えられています

5.リンゴを食べる

直接膣を引き締めることはできませんが、リンゴはあなたとあなたのパートナーの性的満足度を高めることができます。これは、この果物にフロリジンが含まれているためです。フロリジンは、性欲、膣液の生成、およびオルガスムの能力の増加を引き起こす可能性のある化合物です。

6.大豆の摂取量を増やす

大豆には、体内のホルモンであるエストロゲンに似た構造と機能を持つ植物エストロゲンが含まれています。

この成分は、膣の乾燥を和らげ、生殖器領域への血流を増加させるのに役立ちます。そのため、その領域の皮膚は健康を維持できます。大豆も親水性です。これは、大豆を摂取することで、膣内の筋肉を含む体の筋肉がより多くの水分を保持できるため、乾燥せず、弾力性を維持できることを意味します。

7.サツマイモを食べる

サツマイモにはベータカロチンとビタミンAが含まれており、子宮壁と膣壁を強化するのに役立ちます。さらに、これらの塊茎は、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の病歴のある女性にも適しています。

タイトな膣と緩い膣という用語の背後にある医学的事実

膣が締まっていると、恋愛の喜びが増すと考えられています。逆に、膣が緩んでいると感じると、浸透感が低下すると言われています。しかし、実際には医学的には、タイトな膣や緩い膣という用語はありません。膣の筋肉は弾力性があるので、必要に応じて形を変えることができます。浸透があると、出産時だけでなく、膣の筋肉が広がり、「緩む」でしょう。しかしその後、筋肉は元の形に戻り、別名会議に戻ります。実際、年齢とともに、その柔軟性は低下する可能性があります。しかし、それは膣が完全に緩むという意味ではありません。代わりに、きつすぎて弾力性のない膣は、膣痙と呼ばれる障害です。膣痙を経験する女性は、セックス中に非常に多くの痛みを感じるので、しばしば浸透を行うことができません。 【【関連記事】】

SehatQからのメモ

繰り返しセックスをすることも、膣の筋肉の柔軟性と強さに影響を与えません。したがって、性交の頻度は、膣の緊張または緩みのベンチマークとして使用することはできません。医学に基づいた膣の健康とセックスのヒントについてもっと知りたい場合は、 直接医師に相談してください SehatQ家族の健康アプリで。今すぐダウンロード AppStoreとGooglePlay.

最近の投稿