11人間の消化器の機能とそれらがどのように機能するか

私たちが消費するすべての食べ物や飲み物は、すべての栄養素が体で利用できるようになるまで、長い旅を経なければなりません。このプロセスは、口から肛門まで、人体のさまざまな器官で構成される消化器系を伴うため、複雑です。これがより完全な説明です。

人間の消化器系とは何ですか?

消化器系は、栄養素を吸収するために食物を分解して処理するために人体の器官のグループによって実行されるプロセスです。得られた栄養素は、エネルギーとして使用され、他の臓器の機能を維持するために、体全体に分配されます。一方、分解、消化、吸収できない食品廃棄物は、排尿時の尿や排便時の糞便から排泄されます。食物の消化器系は、他の成分(神経、ホルモン、酵素など)によって支援される脳によって調節されているため、各臓器の機能とそれらの間の協力のプロセスは定期的に実行されます。人間の消化器系は、食品の動きを調整して処理プロセスをスムーズにする一連の筋肉によってもサポートされています。

人間の消化器系の器官とその機能

人間の消化器系の完全な説明人間の消化器系は、口、喉から始まり、肛門で終わる長い糸の「ホース」の形をしたチューブで構成されています。この管に沿って、胆嚢、肝臓、膵臓など、消化を助けるためにも重要な他の「付属の」器官があります。一方、人間の主な消化器に分類される臓器は、固形臓器と非固形臓器(嚢状)の2つのグループに分けられます。非固形消化管に含まれる臓器は、口、食道、胃、大腸、小腸、肛門です。一方、固形消化器系に含まれる臓器は、肝臓、膵臓、胆汁です。以下は、人間の消化器系の器官とそれらの機能を順番に、そしてそれらの機能を上から下にリストしたものです。

1.口

口は人間の消化管への入り口です。私たちが噛むとき、食物を消化するプロセスが実際に始まりました。食べ物が口に入る前でさえ、私たちの消化器系は唾液を分泌して口を濡らす準備ができています。それが口に入るとき、噛む動きは食物をより小さな粒子に変えます。一方、唾液中の酵素は食物を粉砕する可能性があるため、後で処理しやすくなります。食べ物が押しつぶされた後、舌は食べ物を次の目的地、つまり喉に押し出します。

2.喉

医学的に咽頭と呼ばれるこの器官は、食物が食道に到達するために使用する経路です。食べ物が喉に押しつぶされた場合、発生する可能性のある2つの可能性があります。
  • 食物は正しい経路、すなわち食道、そして胃へと通過することができます。
  • 食物は実際には気道への間違った経路に入ります。 2番目の可能性は私たちを窒息させるものです。
食べ物が間違った方向に通過するのを防ぐために、喉に喉頭蓋があります。喉頭蓋は、葉のような形をした消化器官の一部です。その機能はドアとほぼ同じで、必要に応じて開閉できます。

3.食道

食道は消化器系の器官の一部であり、咽頭から胃まで伸びる筋肉の管状の形をしています。蠕動運動と呼ばれる圧迫メカニズムにより、食道は胃に食物を届けます。

4.胃

次の人間の消化器系は胃です。胃は、食物を貯蔵することに加えて、食物を混合し、より吸収性の高い形に分解する役割も果たします。この機能は、胃で生成される酵素と酸によって実行されます。食べ物が胃の次の臓器に行くとき、その粘稠度はペーストや液体のようです。 【【関連記事】】

5.小腸

食べ物は胃から小腸に行きます。小腸は3つの部分に分かれています。
  • 十二指腸(十二指腸)
  • 空腸
  • 回腸
この器官は、膵臓と肝臓によって生成された酵素を使用して食品を処理し続けます。十二指腸は、食品を継続的に分解して処理する責任があります。一方、空腸と回腸は、食物中の栄養素が体に吸収されるように役割を果たします。小腸には蠕動運動もあり、食物を動かして他の人間の消化器から放出される物質と混合します。

6.大腸

その後、食べ物は大腸に行きます。ここに入る食物は消化の残骸であり、直腸、そして肛門に移されます。ただし、その前に、残骸に含まれる水分が除去されるため、濃度が高くなります。残りの食物は、直腸からの排出を引き起こす動きがあるまで、大腸に残り続けます。一般的に、食べ残しは大腸を通過するのに約36時間かかります。

7.直腸

直腸は大腸と肛門をつなぐ「空間」です。この消化器官の機能は、糞便になった食品廃棄物を受け取り、貯蔵することです。直腸に糞便があると、その領域にあるセンサーが脳にメッセージを送信して、糞便を排出する必要があるかどうかを判断します。

8.肛門

肛門は人間の消化器系の最後の扉です。この器官は、準備ができていないときに直腸から糞便を遠ざけるために使用される筋肉で構成されています。さらに、この筋肉は私たちが睡眠中に自発的に排便するのを防ぎます。

人間の消化器系とその機能を助ける器官

上記の8つのツールとは別に、人間の消化器系は、腹腔内にある他の3つの臓器、つまり肝臓、膵臓、胆汁によっても支援されます。

1.ハート

肝臓は消化器系にも役割を果たしています。この1つの器官は、胆汁と呼ばれる物質を生成します。これは、脂肪を消化し、余分なものを取り除くのに役立ちます。食品に含まれる栄養素も肝臓でろ過されます。さらに、肝臓は体に有害な毒素やその他の化学物質もろ過します。

2.膵臓

膵臓は酵素を生成し、それが十二指腸で放出され、脂肪、タンパク質、炭水化物を化学的に消化するのを助けます。

3.胆汁

胆汁は貯蔵され、胆嚢から排泄されます。脂肪分の多い食物が十二指腸に入ると、胆嚢が収縮して胆汁を放出します。

人間の消化器系におけるホルモンと神経系機能の役割

人間の消化器系は、ホルモンと神経によって制御されているため、うまく機能します。どちらも一種の信号を提供し、消化管に沿って脳に伝わります。

1.人間の消化におけるホルモンの役割

人間の消化器系で役割を果たすホルモンは、胃や腸にある細胞によって生成されます。このホルモンは、消化を助け、満腹感と空腹感の信号を脳に送る成分の生成を誘発するように機能します。また、膵臓で産生されるホルモンもあり、消化に重要な役割を果たしています。

2.人間の消化における神経系の役割

体内には、中枢神経系、すなわち脳と脊髄を消化器系に接続し、それを制御する神経があります。したがって、おいしい食べ物を見ると、脳の神経が唾液腺に信号を送り、食事の準備として口腔を濡らします。さらに、消化管の壁には、その領域での食物の速いまたは遅い処理の調節を担当する神経もあります。神経はまた、消化管の筋肉に信号を送り、収縮または弛緩し、食物を腸内に移動させることができます。

人間の消化器系の健康を維持する

消化器系を健康に保つことは、消化器系の問題を回避するのに役立ちます。次の簡単な手順に従って、消化器系を最高の状態に保ちます。
  • 毎日のメニューに十分な果物と野菜を追加します。果物や野菜には、消化器系を健康に保つことができる繊維、ミネラル、酵素、ビタミン、プレバイオティクスが含まれています。
  • 全粒粉パン、パスタ、シリアルを食べましょう。オーツ麦などの全粒穀物でできている食品を食べると、腸内の善玉菌を助けることができます。
  • ソーセージやホットドッグなどの加工肉は消化器系に問題を引き起こす可能性があるため、避けてください。また、牛肉、豚肉、羊肉の消費を制限する必要があります。これらの肉は、消化器系に損傷を与える可能性のある細菌を運ぶ可能性が最も高いです。
  • 十分なカルシウムとビタミンDを摂取してください。ミルク、豆腐、ヨーグルトなどのカルシウムが豊富な食べ物や飲み物を確実に食べることで、消化器系の問題を防ぐことができます。
  • ビタミンDサプリメントを摂取し、朝日を浴びることも消化器系の問題を防ぐのに役立ちます。
  • 定期的な運動。身体を活発に保つことはあなたの消化器系を健康に保つのを助けることができます。 1日あたり少なくとも10〜15分は運動を続けるようにしてください。
あなたが太りすぎまたは低体重である場合、あなたは消化器系の問題を起こしやすいかもしれません。健康的な食事をとって食べることで、消化器系の問題のリスクを下げることができます。体重を減らしたり増やしたりするのに問題がある場合は、それに対して何ができるかについて医師に相談してください。 【【関連記事】】人体のあらゆる部分は、人間の消化器系を含め、その機能を適切に実行できるように配置されています。人間の消化器系の各器官には、私たちが消費するすべての食べ物や飲み物を処理する作業のリズムを維持する独自の機能があります。したがって、あなたは健康的な食事を食べ、定期的に運動することによってそれを維持する必要があります。

最近の投稿