それは神秘的ではありません、これらは左耳で鳴る4つの意味です

親はしばしば、左耳の鳴り響きの意味を超自然的なものと関連付けます。たとえば、あなたは運が悪かったり、他の誰かがあなたについて悪い話をしたりします。この左耳のリンギングは、実際には科学的に説明できます。医療の世界では、耳鳴りは耳鳴りとして知られています。

左耳鳴りの原因

耳鳴りは、左耳、右耳、または両耳の鳴りを表す医学用語です。耳鳴りと呼ばれますが、轟音、ブーンという音、口笛、シューという音、さらには鼓動のようなリズミカルな音も耳鳴りに分類されます。些細なことのように聞こえますが、耳鳴りは患者の日常生活に支障をきたし、過度の不安、ストレス、うつ病を引き起こすことさえあります。耳鳴りは誰にでも起こり得ますが、この状態は高齢者によく見られます。 【【関連記事】】

左耳に鳴る意味についての神話と事実

前述のように、今日、耳鳴りの意味については多くの神​​話が広まっています。これらの神話と医学的説明のいくつかがここにあります。

1.左耳が鳴っているとき、誰かがあなたのことを悪い話をしていますか?神話!

実際、左耳の鳴りは耳鳴りの軽度の症状です。耳鳴り自体は、難聴、耳への外傷、メニエール病、脳の腫瘍、耳の周りの血流の異常など、耳や脳の他の病気の兆候である可能性があります。

2.耳の中から声が聞こえるということは、頭がおかしいということですか?神話!

上記のように、耳鳴りは精神疾患ではありません。人が耳鳴りを持っているとき、彼は確かに彼の耳または脳から来ているように見え、他の人には聞こえない音(主観的な耳鳴り)を聞くので、耳鳴りの患者はしばしば幻覚と見なされます。時々、音は時計のカチカチ音や心拍(拍動性耳鳴り)に似ています。まれに、耳鳴りのある人が聞く音は、注意深く耳を傾ければ他の人にも聞こえることがあります(客観的な耳鳴り)。

3.コンサートに参加したために左耳鳴りが発生しましたか?神話!

1つのコンサートに参加するだけでは、何度も何度も何度も繰り返さない限り、耳鳴りは発生しません。結局のところ、左耳にリンギングを引き起こす可能性があるのは、大音量で音楽を聴くことだけではありません。耳鳴りの他の原因は次のとおりです。
  • 60歳以上のときに通常発生する年齢要因による聴力の低下。
  • チェーンソー、銃声、爆弾の音などの高周波音への暴露、または音量が大きすぎる音楽の聴取。
  • 耳垢の蓄積は鼓膜を刺激する可能性があります。
  • 中耳の骨構造の変化(骨硬化症)。この状態は通常、遺伝的または遺伝的です。
左耳のリンギングの原因を特定するには、耳鼻咽喉科の専門医にご確認ください。

4.左耳鳴りを治療する方法はありませんか?神話!

左耳のリンギングの治療法は、状態の原因によって異なります。
  • 耳鳴りの原因が耳垢の蓄積である場合は、耳垢を取り除き、耳鳴りを解消します。
  • 左耳の鳴りが感染によって引き起こされた場合、医師はかゆみを治療するためのヒドロコルチゾンと炎症を軽減するための抗生物質を含む滴を処方します。腫瘍が耳鳴りの原因である場合も、手術が必要になることがあります。
  • ストレスを和らげるためのライフスタイルの変化は、左耳の鳴り響きの症状を和らげることもできます。また、大きな音にさらされるような活動は避けてください。
  • 補聴器は耳鳴りのある人を助けることができます。なぜなら、音の増幅は、耳鳴りのために音が聞こえにくい人を助けることができるからです。
場合によっては、この耳鳴りを治すために耳鳴りの薬を服用する必要はありません。たとえば、コンサートに参加した後に感じる耳鳴りは、治療をしなくても自然に消えます。残念ながら、耳鳴りのすべての原因が治療法を持っているわけではありません。たとえば、大きな音にさらされることによって引き起こされる左耳鳴りは、治療または補聴器でのみ治療できます。耳が損傷すると、状態は正常に戻ることができなくなります。しかし、生活の質を改善し、不眠症からうつ病などの耳鳴りの悪影響を最小限に抑えるために取ることができる治療法はまだあります。治療行為は、(補聴器を使用して)健全な治療を受けることです。 耳鳴り保持療法、認知行動療法、健康的なライフスタイルを送るために。

最近の投稿